NOW

NEXT

心斎橋PARCO

カペイシャス展覧会 #18

カペイシャス展覧会 #18

URLをコピーする

capacious EXHIBITION #18

カペイシャス展覧会 #18

 

SkiiMa Galleryにて、カペイシャスが紹介する作家13名のグループ展を開催いたします。カペイシャスは、大阪府内の障がいのある人の作品を現代美術のマーケットに紹介するプロジェクトです。本展に参加する13名の作家は皆、大阪府内各所の福祉作業所に通いながら、作品制作をしています。
まとまって御覧いただけるこの機会に是非ご来場ください。

また、14日にはトークイベントも開催いたします。


参加作家(13名、五十音順) :

有田京子Kyoko Arita

穴瀬生司Seiji Anase

泉達也Tatsuya Izumi

上田匡志Tadashi Ueda

桂典之Noriyuki Katsura

菊池沙耶香Sayaka Kikuchi

黒瀬貴成Takashige Kurose

柴田龍平Ryuhei Shibata

茶薗大暉Daiki Chazono

橋本良平Ryohei Hashimoto

平野喜靖Yoshiyasu Hirano

前田泰宏Yasuhiro Maeda

矢形聡Satoru Yagata


関係施設 :アトリエライプハウス(東大阪市)、Abigail(泉南市)、YELLOW(泉佐野市)、和泉の里(泉佐野市)、さつき作業所(吹田市)、西淡路希望の家(大阪市)、ユウの家(堺市)、ミントアンサンブル(箕面市)

 

■開催概要
会期 : 2022年5月12日[木] ー 22日[日] 10:00 ー 20:00
入場:無料

会場 :SkiiMa Gallery | 心斎橋PARCO4F

主催:capacious

 

■トークイベント概要

SkiiMa Talk「クリエーションで作る福祉の価値」一般財団法人たんぽぽの家・岡部太郎氏xカペイシャス・宮本典子氏

開催日時:5月14日(土)14:00~15:30

会場:SkiiMa | 心斎橋PARCO4F

会場参加費:無料 
オンライン参加費:無料 
参加人数:会場30名 ※オンライン同時配信 

※お申込み方法・詳細はこちらをご確認ください。

 

【capaciousとは】
カペイシャスは大阪府内の障がいのある人の作品を現代美術のマーケットに紹介するプロジェクトです。
カペイシャスを直訳すると、容量の大きい、包容力のあるという意味で、大きな仕切りのない袋をイメージしています。
現代アートの歴史や言葉による縛りなど既成の枠組みを取り外し、作品を純粋に鑑賞することで広がる可能性を追求しています。
作者やその関係者(施設の方やご家族等)と、美術関係者やアートファンのあいだを繋ぎ、新たに広げながら、作品が多くの方々にコレクションされることをめざして活動しています。

 

■沿革
2018年4月~現在 大阪府委託事業
2015年7月~2018年3月 大阪府福祉基金地域福祉振興助成金を受けて一般財団法人 大阪府地域福祉推進財団と共同でスタート

 

お問い合わせ先 :capacious 事務局 c/o office

info@capacious.jp


*大阪府委託事業
webサイト : www.capacious.jp

Instagram:capacious.jp

 

 

 

 

カペイシャス展覧会 #18

2022/05/12 (木)  - 2022/05/22 (日) 

カペイシャス展覧会 #18

心斎橋PARCO